札幌市の巻き爪、陥入爪の治療院、病院について

トップページ

巻き爪・陥入爪(かんにゅうそう)でお悩みの方は、病院選びが重要です。

病院での巻き爪、陥入爪の治療には3つの方法があります。

    1. 「コットン挿入」爪の角の部分と皮膚の間に綿花を詰めて、皮膚が傷つかないようにします。
    2. 「形状記憶ワイヤーによる治療」爪先に穴を開け、形状記憶合金で出来たワイヤーを爪に刺して固定して、ワイヤーが伸びようとする力で爪先を平たく矯正します。ワイヤーを爪にひっかけて捻じりあげて引っ張る方法もあります。
    3. 「手術」(フェノール法)爪の端を食い込んでいる部分を切り取り、爪が元から生えて来ないように、根元にフェノールと言うたんぱく質を腐食する薬で爪の元になる部分をつぶしてしまいます。

一度切り落としてしまった爪は一生元には戻りません。病院でのワイヤー治療も実費となります。

当店の巻き爪ケア方法は形状記憶プレートによる「痛くない」「切らないで直せる」巻き爪矯正方法(B/Sプレート)です。

特殊なプレートを爪の上に貼り付ける事により、食い込んだ爪が徐々に矯正されていくと共に、痛みに対して即効性があります。

当店の施術方法です。

巻き爪矯正期間は数か月~1年以上(個人差があります)又、巻き爪矯正プレートの効果は1か月位で弱くなります。

爪の伸びと共にプレートの位置も修正する必要があります、なので1か月に一度の交換が必要になります。

巻き爪補正料金(一回の施術にかかる料金です)

指一本に付き4500円(税込)

当店は「重度」「中度」「軽度」料金が変わる他店と違い、巻き爪プレートの一回の装着料が一定料金です。他店とお比べ下さい。これは2回目以降も同じです。

こちらの女性は靴下も、ストッキングを履いても痛みがあり、特に足が浮腫んだときが痛いと来店され、当店で施術をした次の日から痛みが消えたとおっしゃってました。7回の施術で終了しました。

来店された時は爪の角が肉に刺さり触っただけでも痛みがありましたが、5回の施術で炎症も治まり爪も正常に矯正されました。平均よりも早い回復でした。

ご予約に関する注意

当店は一人で施術をしております。事前にお電話又はメールにてご予約ください、施術中は電話に出られない事がありますが、こちらから折り返しご連絡いたします。

(非通知の場合は折り返しの発信が出来ませんのでご了承ください)

※患部に腫れ、化膿がある場合は施術は出来ません。炎症がある場合は病院にて患部を治療してからの巻き爪矯正になります。

店舗案内

フットケアサロンたかはし

お客様用駐車場あります。

TEL
営業(受付)時間 平日…10:00~18:00
※月・木・…10:00~20:00
(第三日曜日お休み)
住所 〒003‐0003
札幌市白石区東札幌3条5丁目2‐1コーポラス千豊1F店舗
アクセス 地下鉄白石駅から徒歩5~6分。
お菓子の「きのとや」さん裏です。

お知らせ

お知らせテスト

お知らせ

会社概要

フットケアサロンたかはし

〒003-0003

TEL:070‐6603‐8787

メール

makitume-sapporo@y-mobile.ne.jp

お知らせ

PAGETOP
Copyright © 巻き爪ケアサロンたかはし All Rights Reserved.